Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://spacydolphin.blog23.fc2.com/tb.php/278-dd1332be
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

京都・大阪旅行記 その3

okunoin.jpg

奥の院は、その昔650万年前に金星から地球を救う為に降り立ったと言う「魔王尊」が祀られている場所です。
魔王尊はサナト・クマラとも呼ばれ、鞍馬山に天狗がいるという言い伝えは、サナトクマラが天狗に姿を変えて鞍馬山をうろうろしていたためだとか。笑
鞍馬という名前も、クマラがなまって鞍馬になっただとか?クマラ、クラマ。確かに近いですね。
そういうわけで、鞍馬山がパワースポットと呼ばれるのは、そういった所以もあるのです。

奥の院については詳しくなければ知らない人もいるせいか、本殿までの道中よりもガクッと人が減り、落ち着いた雰囲気に。

鞍馬山では沢山の神様を祀ってあるのですが、中でも目立ったのが、鞍馬山で天狗に兵法を授けられたという源義経にまつわる場所。
「義経供養塔」や、義経が山を離れる際に別れを惜しんで背丈を比べたという「背比べ石」などがありました。

源義経といえば平家物語が有名ですが、私の実家・香川県の屋島は、源平合戦の古戦場の舞台の1つとなった場所でして、子供の頃から屋島の戦いの話には親しんでいました。
屋島は、義経が平家に雨の中、急襲をかけた場所です。那須与一の扇の的の話なども、有名かな?
そんなこともあり、鞍馬に来て少し義経にも、親しみがわいていました。

余談ですが、手塚治虫さんの漫画「火の鳥・鳳凰編」は、源平合戦に巻き込まれる若者の話でして、あの漫画での義経はかなり冷淡かつ策略家で、けっこう嫌な奴として描かれていました^^;
鞍馬山も舞台で出てきます!

そして鞍馬山では有名なスポット・「木の根道」です。
杉の木の根が地上を覆うようにして生えています。
kinonemichi.jpg

登山者はこの根を踏まないようにして、歩きます。

奥の院へ行く途中の分かれ道で「大杉権現」という、魔王尊がまさにここに降り立ったといわれる大きな杉の木がありました。樹齢1000年だそうです。
ここは個人的に、とても気持ちよいエネルギーを感じました。ってまあ、鞍馬山全体が良いといえば良いんですけど、特に、です。笑

そしてようやく、奥の院へ到着。
奥の院は、お寺の人に言うと開いて見せてもらえたそうなのですが、わたしたちはへばってしまい、そんな考えも思いつかず(汗)奥の院のベンチに座り、休憩&しばし瞑想し、世界の平和を祈りました。
ここは本当に、そんな神聖な気持ちになる気持ちの良い場所なのです。

本当はもう少しゆっくり瞑想していたかったのですが、後ろの方で「山で食べるおにぎりは美味しいね~」なんていう、親子の会話も聞こえてきたりして(笑)、あまり集中できなかったので、そそくさと奥の院を後にし、最終目的地「貴船神社」へと出発。このあたりから、山は下りになります。

下り坂はかなり急勾配で、私はけっこう辛かったのですが、相方さんは登りよりも楽だと言って、どんどん下っていきます。
私はしまいには途中で拾った木の枝を杖がわりにし(爆)どんどん歩いていく相方さんに声をかけつつ、ゆるゆると下りました。

しかし携帯は圏外で時間も分からず、都会の喧騒から離れ、しんとした山の中で葉や風の音、鳥の声なんかを聞いていると、なんだか不思議な気持ちになってきます。現実感が薄れ、異界にいるような感覚とでも言うのでしょうか・・
過去も未来も全て繋がっているかのように、すぐ近くに義経や天狗さんが現れそうな気分になりました。

戻ってきてから知りましたが、奥の院~貴船までのルートにはエネルギーがぐるぐる渦巻いている場所があるそうで、ちょうどそのあたりに異界への入り口があるそうです。
もしかしたら、あのあたりがそうだったのかもしれないなあ~と思ったのでした。
many-tree.jpg

個人的にはそのまま異界へ行っても良かったのですが、残念ながら(爆)山を下り、最終地点「貴船神社」へ到着しました。
kibunejinja-gate.jpg

ここは恋愛成就の神社で有名なようです。あとは水や龍神様を祀っていました。
それから絵馬発祥の地だそうです。こんな馬の置物?がありました。
kibune-uma.jpg

更に15分ほど歩いて奥の方へ行くようになっていたのですが、私達にその体力はもう残っておらず、入り口から入った最初の本殿で絵馬を書いてお土産を買い、神社を後にしたのでした。

貴船神社から「貴船口」の駅までは更に2kmほどあったのですが、疲れたのでバスを使って駅まで行き、帰路に着きました。

日にちとともに薄れゆく記憶をたどりながら書いたこのブログも、やっと終盤戦です。
というわけで、4へ続きます。
まだ続くのか!という突っ込みはなしで…ご容赦ください笑
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://spacydolphin.blog23.fc2.com/tb.php/278-dd1332be
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Calendar

 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

901

Author:901
ウェブサイト:
音楽→www.901clay.com
ヒーリング→Deep Sea Healing
Myspaceもやっています。
どうぞよろしくお願いします。

最近の記事

アクアリウム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

ブログ内検索




www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from irukakurei. Make your own badge here.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。